事務局長はかく語りき

OB交響楽団事務局長から情報発信します
 
<< March 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
NEW ENTRIES
RE-COMMENT
COUNTER
MOBILE
qrcode
OTHERS
0
    195RC練習後記(11/23, 30)

    11/23と11/30は今回初顔合わせとなる「松川智哉」先生に練習をお願いしました。

     

    松川先生はとても気さくな先生で、指摘も鋭く、我々ができない所には本当に忍耐強く指導して下さいました。もう、頭が下がる思いです。新人の先生が必ず一度は通る当団特有のトラップにもものの見事に嵌って戴きました。

     

    一つだけ面白かったのが、先生による我々のリアクション確認です。もともと当団団員は感情を表情に出す方ではなく、特に指揮者の先生から褒められた時にスルーする方が多いように見受けられます。11/23の練習でも、間違いの指摘・表情の付け方などの指導は普通に出るのですが、ある団員が先生からかなりのお褒めの言葉を貰ったにもかかわらずボーーっとしていたところ、「聞いていますか〜〜?」と厳しいチェックが飛んできました。あ〜あ、ちょっとは嬉しい顔をすれば良いのにと思いました。やはり指揮者から何か言われたらきちんとリアクションすることは、演奏の質にも少なからず影響しているでしょう。音楽の受け渡しなどアンサンブルもコミュニケーション、相手がそう来たらこう返す音楽による対話、重要ですよね。

     

    松川先生は芸大出身で、前回本番を振って頂いた太田先生の先輩にあたります。指揮はとても明快で見やすく安心して演奏し集中することができました。指揮の表情に沿って演奏すると楽にいい音楽を醸し出させそうな気分になり、とても心地良い練習を2日間も行うことができました。ありがとうございました。

     

    余談ですが、先生はシューベルトがお好きとのことですので、今後プログラムにシューベルトが入りましたら、是非先生のシューベルトも見てみたいと思います。

     

    懇親会が終わって集合写真を撮りました。中央におられるのが先生です。変な人(ポーズを取っている人)は通行人ですので無視して下さい。

    | 練習後記 | 10:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    0
      195RC練習後記(11/16)

      本日の練習はモーツァルトのフィガロの結婚序曲とブルックナーの第1,2楽章。

      指揮はこれまでも何回もお世話になっている「平野桂子」先生です。

       

      平野先生はウィーンで研鑚を積まれ、つい先日帰国したばかりです。

      当然のことながら音楽の都ウィーンの風を全身で受けたいと考えているのは私だけではないと思います。

      どちらかと言うと、ウィーンに行かれる前の平野先生は堂々たる風格、ブルックナー指揮者で言えばチェリビダッケを彷彿とさせる解釈のイメージがあったのですが、今回のブル8の練習では今までと一線を画すような洗練された指揮スタイルとなっており、もうその目を見張るような棒にもうメロメロになってしまいました。

      一部、前打音の解釈について団員と議論になって少々緊張感が走りましたが、その団員もきちんと納得したようでした。さすが、指導の腕も更に磨きがかかって戻られたようです。

       

      昨年、ウィーンでのJapan Festival Orchestraのアシスタントコンダクターの大役を無事務め上げ、本番ではウィーン楽友協会での大成功の立役者であるとも言える働きをされました。関係者になり代わり、あらためてこの場にて御礼申し上げたいと思います。

       

      写真ですか?フライベートな写真はいっぱいありますよ。でもどれも、ここに載せるには憚られるものばかりです。御本人の了解を得た後に改めて掲載したいと思います。

      | 練習後記 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      0
        195RC練習開始しました(11/9)。

        マーラーの交響曲第5番の演奏会が終わったと思ったら、もう次の大曲の練習に入っています。

        今回の曲目はブルックナーの交響曲第8番ハ短調ノヴァーク版第2稿になります(フィガロもあります)。

        当団としては2回目の演奏になりますが、今回は自称ブルヲタの松岡先生がタクトを取ります。どの様な音楽観、世界観、宇宙観になるのかとても楽しみです。先生の初練習は12月に入ってからで、それまでは初顔の練習指揮者の先生に御指導を御願いしています。

         

        新しい先生の第一弾は「喜古 恵理香(きこ えりか)」先生です。

        極めて個人的なことですが、若くて美人の先生の御指導には自ずと気合が入ります。先生の気を惹こうとして、わざと間違えたり、大きな音を出しました。すいません。

        初練習ですので落ちまくる人がかなりいるのですが、その都度その方々のために美しい歌声で正しい道へと導いて下さるのです。

        すごく丁寧な指導をして下さる先生であることは間違いありません。

        ビオラのとある御老人は、「次はいつ来てくれるの?」とのラブコール。老人の心を鷲掴みする喜古先生でした。

         

        私、一つ大失態を・・・写真撮り忘れました・・・

        別のオーケストラでまた御一緒できるので、その時にでも、忘れなければ・・・

        | 練習後記 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        0
          招待状・チケット関連情報(その3)

          賛助会員・一般会員の皆様には招待状申請を滞りなく申請して戴きまして、また多くの方にはチケットプレゼントに申し込み戴き、おかげさまで席数の確定に向けて準備を順調に進めることができ、大変感謝しております。皆様、ありがとうございます。

           

          現時点では概算で誠に恐縮ですが、残席(前売券・当日券の発行枚数合計)は<<100席>>となっております。前売券が順調に売れた場合には、当日券は「無し」という状況になってしまうかもしれませんが、これも予め御説明させて戴きましたことですので何卒御理解して戴ければ幸いです。この様な状況でもあり、皆様には極力、今回から販売し始めました「前売券」の積極的な活用をお願いします。お求めの方法は、HPを御覧下さい。

           

          さて、招待状に関する今後のタイムスケジュールですが、招待状プレゼント申請の締切日(5/17)が迫っております。既に30名の定数を上回る申請が来ておりますが、今回より先着方式から「抽選方式」に切り替えておりますので、期日までは諦めずにお申し込み下さい。また、既に申請された方、早く申請したから大丈夫という訳ではありませんので油断せずお待ち下さい。

          また、賛助会員・一般会員の皆様の中で、まだ招待状申請を出されていない方は、早めにメール・往復はがきの返信投函をお願いします(期限:5/27)。現在、席に余裕がなくなっておりますのでメールでの連絡の方も3週間前(5/27)までにお返事をお願い致します。

           

          それでは、皆様、以上宜しくお願い致します。

          | 委員会から | 06:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          0
            第195回定期演奏会の曲目決定!

            来年の2月の演奏会(第195回定期演奏会)の曲目が決まりました。だいぶ前に松岡先生の指揮であることは公開していましたが、ついにここで発表です。

            曲目はブルックナーの交響曲第8番ハ短調ノヴァーク版第2稿です。

            凄いですね!10月のマーラーに続き、今度はブルックナーですか?この巨大プログラムはいつまで続くのか?これって、80周年演奏会シリーズ第4弾ですか?凄いですね〜!

            ワーグナーチューバが活躍する7,8,9番の交響曲ですが、この中でも私は8番が好きですね。私に気を使って誰かが決めたのでしょうか?もしかして、これって今はやっている「忖度(そんたく)」ですか?

            ところで、松岡先生がブルヲタであることが判ったのは、昨年のある会合でのこと。その中で、実は・・・と言って、自分がブルヲタであることをカミング・アウトされました。これまで大っぴらに言えずとても苦しまれていたのではないかと心中お察しします。そう言えば、我々はブルックナーは殆ど団内指揮者でしかやっておらず、ようやく最近ボチボチと演奏を再開始めました。もっと早くから知っていれば、これこそシリーズ化して全曲演奏会や連続演奏会もできましたのに。当団では4年前に第3番を松岡先生と演奏していますが、ブルックナーの交響曲でまだ演奏経験がないのは、2番, 1番, 0番, 00番ですので、この順番で演奏しそうな雰囲気があると思うのは私だけでしょうか? ん・・・もしかしてこれも「忖度」してくれるのかな???

            以前当団で演奏した時はとても良い印象だったのを覚えています。なので、今回もそのイメージを壊さずに頑張って行きたいと思います!

            | 定期演奏会関連 | 02:44 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            0
              招待状・チケット関連情報(その2)

               皆様、お待たせ致しました。ホームページにて「招待状・チケット」入手に関する情報をアップしました。是非ご覧下さい。

               

              これまでの演奏会からの変更点は、

              (1)招待状・チケットの乱発を止めて、事務局で一律に管理します。

                 直接招待状を送付する方式から、メール及び往復はがきによる

                 事前申込制へと一手間をかけさせて戴く事になりました。

              (2)これまで要望が多かった「前売券」を始めました。当日券より

                 200円お得になっております。是非ご利用下さい。

              (3)当日券の発行枚数には限りがあります。

               

               前回の演奏会につきましては、チケットが金券であることの意識の薄さ、更にお客様が喜んで御来場して戴くための招待状が、あろうことかお客様の悲しみを招くことになってしまいました。その点、とても反省しております。今後この様な事が起こらないよう、委員会で検討を重ねてきましたが、上記の様にお客様に少々お手間を取らせることになってしまいまして誠に申し訳ございません。現在のところ、当方としてはお客様に御協力をして戴くしかない状況でありまして、是非その点を何卒御理解戴きたいと考えております。

              | 委員会から | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              0
                招待状・チケット関連情報

                 前回の2月の演奏会は創立以来初めての満員となりました。ただ、お客様の中には招待状をお持ち頂いたのに入れなかった方が多数おられ、また入れたものの客席が殆ど埋まって身動きがとれないことも多々ございました。加えて演奏会開始が15分も遅れてしまい、問題を抱えたままの演奏会となってしまい誠に申し訳ございませんでした。これは、偏に招待状・チケット・当日券の管理体制に問題があったものと考えております。重ねてお詫び申し上げます。

                 二度とこの様な事を繰り返さないために委員会で鋭意検討しまして、これまでの招待状・チラシ・チケットの提供形態を、所謂バラマキ方式からガラリと変えて完全管理、きちんと委員会が管理する方式を今回から取ることに致しました。来客される皆様が安心してご来場できるようなシステムとなるよう、次回以降も今回の方式をブラッシュアップし続ける所存でございます。

                 具体的な招待状・チケットの入手方法は、これまでの方式に来場確認作業をといった一手間をかける事になりますが、できるだけスムーズな形で進めるよう当方にて努力していきますので、何卒ひとつ御協力の程宜しくお願い致します。

                 なお、今回から確実にお客様がチケットをご購入になり入場できるよう「前売券」の販売も開始します。これまでも幾つかお問い合わせ戴いたこともあり、今回に合わせて鋭意検討しまして導入する運びとなりました。

                 招待状・前売券・当日券の入手方法につきましては、後程HPの方で御説明したいと考えております。

                 

                それでは、HPでの御案内の準備が整うまで、申し訳ありませんが少々お待ち下さい。

                | 委員会から | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                0
                  ドンファンの練習

                   YouTubeには演奏会の動画だけでなく、練習(リハーサル)風景も幾つかアップされています。

                   一体、有名オケはどの様な練習をしているのか、どんなところを注意されているのか、有名指揮者はどの様な指摘をするのか、練習雰囲気はどんな感じなのか、アマチュアとの共通点等、興味は尽きません。現在練習しているドンファンを探してみたら、とても面白いものを見つけたので紹介します。

                   

                   カール・ベーム指揮でウィーン・フィルのリハーサル風景です。

                   https://www.youtube.com/watch?v=GjFPGtGlTxI

                   

                   カール・ベームは練習が非常に厳しいことで有名ですが、この映像はそれを如実に物語っています。天下のウィーンフィルでも手を抜くと、すかさず矢の様な鋭い指摘を受けて睨まれる、音楽に対する真剣さを求められるのを見て、練習も本番と同じ状態で臨まなければと改めて感じ、身が引き締まる思いがしました。

                   カール・ベームの練習で気がついたことが一つあります。ここは音量を大きく・小さく、速度を速く・遅く、リズムは正確に、この音は強く・弱く、タイミングを揃えて、他の楽器とのバランスはこちらが強く、私が口を開いたら音を出さないなど、基本的なことしか言ってません。訳の分からない例え話とか、単なる冗談、団員をからかうことはほんの僅かしかしないようですね。練習の効率重視といった面があるのでしょうか。

                   

                   エロイカの方も幾つかリハーサル映像があるようなので、そのうち紹介していきます。

                  続きを読む >>
                  | YouTube | 02:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  0
                    米崎先生!

                    本日の練習は、待ってました!米崎先生の御指導です。

                     

                    去年の190RCの練習の時にもお世話になりました。

                    米崎先生について詳しく知りたい方は、先生のHPがありますので、こちらを御覧下さい。

                    Shigekazu Yonezaki's Website

                    マエトトロの音楽日記というコーナーがありますが、ちょっとネーミングにひねりがありませんね。

                    先生は大阪出身だから、米崎栄和の「これって、まあ、ええ、ストローやないか!」とか、米崎栄和の「もうどうでもええわ!」日記とか・・・・これじゃ、怒られますかな?

                     

                    先生は当団前団長と同窓で、その縁でこれまでも沢山練習を見て頂きました。学生時代はフルートを演奏されていたそうで、もしかしたらフルートには厳しい指導があるかもしれませんね。それとも逆に甘くなるかな?

                     

                    私は先生のユーモア溢れた御指導がとても好きなのですが、時々脱線することが多々あります。これまでのギャグの中で秀逸だったのが「研ナオコ」のネタでした。ある一定の年代の人にしか判らない内容でしたが、私はツボに嵌ってしまい、笑いをこらえるのに大変で、とても練習どころではありませんでした。先生、今回も期待していますよ!

                    | 委員会から | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    0
                      御挨拶

                      OB交響楽団事務局長のvivahornです。

                       

                      これからOB交響楽団に関する情報を積極的に皆様にお届けしたいと考えております。公式情報・演奏会関連情報・練習のひとコマに私の独断と偏見を軽く交えつつ、巷の情報・トピックス等の音楽関連も散りばめながらお伝えしていきます。たまに、音楽に関係のないこと・・・・・はできるだけ書かないようにします。皆様、宜しくお願い致します。

                      | 委員会から | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |